Case Study事例紹介

大原薬品工業

大学とも連携。脳梗塞の診断支援AIの実現に向けた開発を開始

  • 共同開発
  • 医療
HACARUSと大原薬品工業は、最先端の医学研究を行っている大学と、共同プロジェクトを立ち上げました。脳卒中の専門医の知識とノウハウをデジタル化し、AIを活用した急性期の脳梗塞の診断支援の実現を目指しています。

MRI画像読影および読影結果とその他の情報からの病型診断、適切な治療法の選択など脳梗塞の診断には高い専門性が求められます。特に急性期の脳梗塞の治療は一刻を争うものであり迅速な診断と処置が必要です。MRI撮像装置はあっても脳梗塞の専門医がいない病院も少なくありません。

そこで、HACARUSと大原薬品工業は、最先端の医学研究を行っている大学と、共同プロジェクトを立ち上げました。脳卒中の専門医の知識とノウハウをデジタル化し、AIを活用した急性期の脳梗塞の診断支援の実現を目指しています。MRI画像データと、その他の患者の医療データを組み合わせることで、AIモデルは医師の診断を正確に支援することができます。また、専門医の知識とノウハウのデジタル化によって、即時性の高い診断が可能になります。結果的に、急性期の脳梗塞の診断が遅れるリスクが抑えられるだけでなく、専門医の大きな負担を軽減することにも繋がります。また、専門医のいない病院においても脳梗塞の迅速な診断と適切な治療が可能になります。

Case Study事例

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら