skip to Main Content

COLIGO Edge AI

Get more information

エッジAI開発用の完成されたツールボックス

HACARUSは自社で開発したエッジAIプラットフォームであるCOLIGOを通じて、IoTやFPGAなど様々なエッジ端末での実装を含む様々なアプリケーション開発をカスタムメイドで提供しています。
我々のテクノロジーはいわゆるディープラーニングベースのAIと違ってセットアップに最小の準備があれば事足ります。

COLIGOはエッジデバイス外での学習サイクルや、事前に学習されたモデルのマニュアルインストールを必要としません。COLIGOは時系列データと画像データをサポートしエッジデバイス内のチップで学習と推論が完了します。外部クラウドとの接続の必要はありません。

プロダクトシートをダウンロード

産業用途における様々なユースケース

超解像

データ欠損修復

外観検査

COLIGO for FPGA

典型的なCOLIGO Edge AI 導入ステップは以下です.

  1. PoC(概念検証).外観検査の対象画像を決める.
    SPECTROを使って,検査結果を見ながらパラメータ調整を行う.
  2.  フィールドテスト.COLIGO Edge AI を現場に持ち込み,
    パラメータを微調整する.
  3. 本格展開(Deployment)

COLIGO CORE for Xilinx FPGA

VISUAL INSPECTION APPLICATION FOR XILINX のメリット

  • Visual Inspection application for Xilinx は,FPGAボード,MIPIカメラ,シリアル端末で構成され,エッジでの画像収集,学習,推論を実行できます.クラウド接続不要です.
  • COLIGO CORE for Xilinx は,Xilinx FPGAベースのエッジデバイスに組込み可能です.

詳細を見る

COLIGO CORE for Intel FPGA

Intel®FPGA向けCOLIGO COREには、DDRメモリ付きIntelArria®10 FPGAボード用のHACARUS独自のSC(スパースコーディング)アルゴリズムの実装が含まれています。SCアルゴリズムは、入力データのスパース表現(つまり、スパースコード)を生成します。これを学習済辞書と併用すると、データの再構築が可能になります。外部メモリへの必要なアクセスは、Avalon®MMインターフェースを介して提供されます。

インテル®HLS(高レベル合成)コンパイラーによるパイプラインパラレル実行アプローチを活用して、パフォーマンス向上が実現します。HACARUSのSCアルゴリズムの効率的なリソース使用により、IntelArria®10実装はローエンドFPGAデバイスにも適用でき、低パフォーマンス/コストに敏感なアプリケーションでも使用できることを示しています。

詳細を見る

COLIGO CORE for congatec Box PC

拡張可能なハードウェアプラットフォーム付きスターターキット

congatec(コンガテック ジャパン)とHacarusが共同開発いスターターキットは、GigEやUSB 3.x環境ですぐに展開して検査できます。手のひらサイズのコンピュータ・オン・モジュールに基づいて設計され、わずか173 x 88 x 21.7mm(6.81” x 3.46” x 0.85”)の大きさです。スリムだけでなく、継続的な生産で利用可能な最新のIntel® Atom™やCeleron®プロセッサ(コード名Apollo Lake)により、卓越した性能を発揮します。小型にもかかわらず豊富な入出力を備えているため、エンドユーザの現場で多くの異なる設定が可能となるシステムです。標準インターフェイスは、GigE Vison対応GbE x2、USB3.0/2.0 x1、USB2.0 x4、UART(RS-232) x1です。USIMソケット付きMini-PCIe x2、mSATAソケットx1、16ビットのプログラム可能なGPIOで拡張可能です。

DC電圧入力は、9V~32Vと広範囲です。

詳細を見る