神奈川県CHO構想推進事業所に採択されました

神奈川県CHO構想推進事業所に採択されました

ハカルスは2018年4月に「神奈川県CHO構想推進事業所」に採択されました。

 

神奈川県CHO構想とは、企業が従業員やその被扶養者の健康づくりを企業経営の一部として位置づけ、経営責任として従業員等の健康マネジメント、いわゆる「健康経営」を進める取り組みです。
健康経営の課題の抽出や取り組みの導入、見直しを通して生産性を向上させ、結果的として社員の生産性や健康に対する満足度を向上させることを目的・目標としています。
組織経営の為に、組織内に健康管理最高責任者(CHO)の職を設置し、ICTによる組織や個人の健康状態」の「見える化」を実施することなどが採択の条件となっています。CHO(Chief Health Officer)を定めて従業員の健康づくりに取り組み、年に一回、健康づくりの取組状況や自己評価などの報告を神奈川県に提出する必要があります。


さて、「健康経営」と聞くとどこか固い感じがしますが、要するに「社員が調子よく働ける環境や仕組みをつくり、サポートすること」だと考えています。

 

神奈川県CHO構想のWEBページでは登録事業所とその取組み内容が公開されていて、健康に関する検定の取得の推進や食事・運動関連だけでなく、睡眠や心理的なヒーリングに関するセミナーの開催など、各社のユニークな取組みを知ることができます。

 

わたしたちは、健康経営を進めていくにあたり、企業同士で取組を共有することは有効だと考えています。また、今回は神奈川県で採択されましたが、京都でも社員が調子よく働くための企業の取組みの情報共有ができるコミュニティーをつくることができたら面白いなと考えています。

 

ハカルスの健康経営、CHO室はまだまだ始まったばかり。他企業さまの取組を参考にしつつ、ハカルスのメンバーにとって本当に必要なサポートができるように試行を重ねていこうと思います!

 

※「健康経営」はNPO法人健康経営研究会登録商標です。

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら