京都新聞にハカルスのデータ分析サービスの記事が掲載されました

京都新聞にハカルスのデータ分析サービスの記事が掲載されました

少量データでもAIで傾向分析 ハカルスが新サービス

 

データ分析ベンチャーのハカルス(京都市中京区)は、人工知能(AI)によるデータ分析サービスを始めた。少ないデータから全体の傾向が導き出せる「スパースモデリング技術」を用いた国内初のビジネスといい、画像処理や経営分析などで活用を見込む。

 

同技術は、大量のデータが必要な機械学習「ディープラーニング」と違い、データが少量でも独自の演算式で効率的に解析できる。ハカルスは、食事や運動などの情報を基に健康管理を指導するスマートフォン向けアプリに活用している。

 

記事の続きはこちら:
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20170625000069

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら