skip to Main Content
矢野経済研究所の「2019年版 進化するAI医療の動向と展望」にハカルスとして参入事例を寄稿しました

株式会社矢野経済研究所が出版する「2019年版 進化するAI医療の動向と展望 ~画像診断支援・診療支援~」に、ハカルスのAI医療分野への参入事例を寄稿しました。

ハカルスでは、2014年の創業時からスパースモデリング技術を機械学習に応用し、ヘルスケア分野でのAI開発とサービス提供を行ってきました。同分野でのサービス運用実績をもとに、製薬会社および医療機関の運営・経営支援を行う企業から出資を受け、2018年にAI医療分野に参入しました。

この度、矢野経済研究所からの依頼により、AI医療分野への参入に至った経緯、AI医療の動向と展望について、代表の藤原がインタビューを受け、寄稿を行いました。

 

■市場調査資料の概要

発刊日:2019年3月28日
体裁:A4 / 114頁
PDFサイズ:9.1MB
価格:50,000円(消費税別)
URL:https://www.yano.co.jp/market_reports/R60201601