【連載記事】大企業人材のスタートアップ挑戦 出向元企業と社員の本音 vol.01

【連載記事】大企業人材のスタートアップ挑戦 出向元企業と社員の本音 Vol.01

株式会社HACARUS (以下、HACARUS) 代表取締役COOの染田です。HACARUSでは、2021年4月からダイキン工業株式会社様(以下、ダイキン)の技術者を在籍出向社員として受け入れる取り組みを開始しました。HACARUSとダイキンは、2023年4月から資本提携し、合わせて業務提携を開始しています。

出向元であるダイキン工業テクノロジーイノベーションセンター 主任技師の藤本さんと、実際にHACARUSに出向された石破さん、岡村さんからインタビュー形式でお話しをお伺いしました。

大企業の技術社員がベンチャー企業に在籍出向する理由とは

——今日はよろしくお願いします。この出向プロジェクトの立役者ともいえる藤本さん、まずは自己紹介をお願いします。


ダイキン工業株式会社テクノロジーイノベーションセンター 主任技師 藤本さん

 
藤本さん : ダイキン工業株式会社テクノロジーイノベーションセンター 主任技師の藤本です。私は、Windows95が発売された頃にプログラマーとして社会人1年目をスタートし、その後はSE、BPMコンサル 、ITコンサルを経験してきました。新型コロナウィルスの第1波流行真最中の2020年4月にダイキンにキャリア入社し、SCM/ECM領域や製造現場のDX化、社内データマネジメントを推進・支援する業務に従事しています。当社への転職直前は、企業におけるデータ活用の戦略、構想、企画の支援などを担当していました。

ダイキンは今、空調事業を中心に、世界170カ国以上で事業を展開しています。社会や地域が抱える課題の解決と事業の成長の2つの両立を通じて、人々の健康と快適を支え、空気と環境の新しい価値を創造しています。
そのような中、私たちが所属する「データ活用推進グループ」では、『データを切り口に、デジタル技術を駆使してダイキンのあらゆる「現場」を変革していく』というミッションを持ち、様々な事業部と業務改革/改善に取り組んでいます。


株式会社HACARUS 代表取締役COO 染田

 
——御社では、技術者の教育にも力を入れて取り組まれていますよね。

藤本さん : はい。特に、AI/データ分析技術は、当社グループにおけるあらゆる部門での活用が期待される重要な技術であり、それを推進する人材の育成は喫緊の課題でした。①AI活用(ビジネス提案力) ②AI技術開発(AIでの問題解決力)③システム開発(AI具現化力)の3分野の人材がともに必要になりますが、当初、社内の技術者については、質・量ともに不足しており、早期に強化・育成する必要がありました。その施策として、ダイキン情報技術大学(以下 : DICT)を計画的な人材育成を目的に2017年12月から開始し、本年度で6年目となります。

——IT技術とビジネス知識の二本柱を持つ人材の育成を目標にされているのですね。通常業務を2年間免除する、企業内大学での徹底した人材教育制度ですね。すでに先進的な人材教育の取り組みをされていますが、他にも課題があったのでしょうか?

藤本さん : そうですね。高度なデジタル人材のロールモデルがダイキン社内に存在せず、DICT修了生がキャリアプランを描き辛い状況にあったことです。DICT修了生が、自らの技術レベルを更に高めてくれる高度人材の中に入り込み、育成を加速させることが必要でした。

——そんな中で出てきたのが、企業や大学などへの出向や留学を通じた育成だったのですね。

藤本さん : はい、育成を強化したい技術分野の企業へ技術者を出向させることが、高度な人材をより早期に育成することに繋がると考えています。

——弊社を出向先として選定いただいた理由はどう言ったところにありますか。

藤本さん : 当社がデジタル人材の育成方針の参考としている滋賀大学データサイエンス学部河本薫教授をアドバイザーに迎えられており、データ活用に対する共通理解があるため、実践経験を積む場として適切であると考えました。弊社のメンバーが御社の高度人材に囲まれた中で、チームとしてテーマに取り組むことにより、良い刺激を受け成長させていただけること、御社ソリューションを使用した弊社テーマを推進、加速させることが期待することでした。

vol.02に続く)

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら