「inVISION Days」に海外マーケティング担当のAdrian V.J Sossnaが登壇します

「inVISION Days」に海外マーケティング担当のAdrian V.J Sossnaが登壇します

12月5日〜7日に開催されるデジタル会議「inVISION Days」にて、グローバル・パートナーシップ&マーケティング・リーダーであるAdrian V.J Sossnaが登壇します。イベント2日目(12月6日)に「Augmenting Human Expertise with AI-Powered Hyperspectral Image Analysis – Lessons Learned」というテーマで講演を行います。

包括的なプログラムの一環として、2日目は「可視域を超えたイメージング」の領域を掘り下げ、Multi- & Hyperspectral Imaging、SWIR&UVテクノロジー、サーモグラフィーについて探求します。セッション4の「Multi- & Hyperspectral Imaging」では、AIとHyperspectral Imagingおよび近赤外線カメラを組み合わせ、エンドユーザーの問題を解決したハカルスの実体験を紹介します。また、日本の伝統的なお菓子を使った実験についても紹介予定です。

「inVISION Days」は、inVISION journalが欧州マシンビジョン協会(EMVA)およびVISIONフェアと共同で開催するもので、マシンビジョン分野のリーダーやイノベーターが一堂に会します。オンラインで開催され、こちらから参加申し込みが可能です(参加料無料)。

また、ライブセッションに参加できない方のために、すべてのプレゼンテーションは会議終了後にビデオ・オン・デマンドでコンテンツが提供されます。

 

【会社概要】
HACARUSは、『次世代の「はかる」をあらゆる産業に』をミッションとし、少ないデータで、抜本的な問題解決につなげる「AIソリューション」を提供しています。2014年の設立から数多くの企業の問題解決に貢献してきた経験と独自の技術力で、人の知見を資産化し、オペレーションの効率化・省人化を成功させます。データの取得から既存システムとの連携までを一貫して支援し、人間とAIが共存する未来の実現に取り組んでいます。

本社:京都府京都市中京区高宮町206 御池ビル8F
設立:2014年1月14日
代表取締役CEO:藤原 健真
資本金:1億円
URL:https://hacarus.com/ja/

 

【取材・お問い合わせ】
株式会社HACARUS 広報担当
メール:pr@hacarus.com
(本件以外でも取材可能です。お気軽にお問い合わせください。)

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら