製造業向けウェビナー「デジタル技術の活用事例に学ぶ 製造品質を高めるためのヒューマンエラー対策」 に登壇

製造業向けウェビナー「デジタル技術の活用事例に学ぶ 製造品質を高めるためのヒューマンエラー対策」 に登壇

2024年6月26日11時 オンライン配信

Tebiki株式会社と共同で開催される製造業向けウェビナー「デジタル技術の活用事例に学ぶ 製造品質を高めるためのヒューマンエラー対策」にコーポレート本部 PR/マーケティンググループ グループリーダーの池田 勤が登壇します。

本ウェビナーでは、熟練検査員の検査工程にAI外観検査を活用する方法や、新人や未熟練者を中心に作業標準を遵守させるための現場での教育方法について、実際の事例も交えて解説いたします。

製造工程の品質保証・品質管理に携わっておられる方、検査工程における品質管理レベルの向上・維持を目指しておられる方、作業標準を遵守させるための教育方法に関心のある方にはお役に立てる内容となっております。社内で該当する部署の方なども是非お誘いいただき、この機会にご参加ください。

>>参加費無料、視聴のお申込みはこちらから

<こんな方にオススメです>
◎外観検査工程にAIの活用を検討されている方
◎現場での技術伝承、作業標準化に課題を感じておられる方
◎製造現場の生産性や品質向上のためのデジタル活用を検討されている方

【プログラム】
10:50-11:00 入場開始
11:00-11:05 オープニング
11:05-11:30 熟練検査員のノウハウをAIへ 品質保証につながるAI外観検査の活用法
11:30-11:55 作業手順の不遵守をなくすための動画活用術
11:55-12:00 質疑応答

※スケジュールおよびセッション内容は予告なしに変更になる場合があります。

【開催概要】

名称 デジタル技術の活用事例に学ぶ 製造品質を高めるためのヒューマンエラー対策
開催日 6月26日(水) 11:00-12:00
視聴方法 オンライン(Zoom)
定員 300名
参加費 無料
参加条件 ・お申し込みは事前申込制とさせて頂きます。なお定員になり次第お申込締切となります。
・同業他社様にはご参加をご遠慮頂いております。
参加方法 お申し込みページのフォームより必要項目を入力してください。
・事前登録完了のお知らせと参加URLをメールでお送りします。
主催 Tebiki株式会社

 

【スピーカー情報】
Tebiki株式会社 マーケティング 堀中 敦志
大手ISP、ソフトウェアデベロッパーを経て、2022年より現職。デスクレスワーカーの教育DXを支援するクラウドサービス「tebiki」のマーケティングやイベント企画を担当し、品質向上や技術伝承など、ものづくり現場における教育課題の解決に従事。

株式会社HACARUS コーポレート本部 PR/マーケティンググループ グループリーダー 池田 勤
BtoB向けの総合広告会社2社にてマーケティングコミュニケーションのプランニング・ディレクションに従事。 製造業や物流業向けの情報誌の編集を10年以上担当。HACARUS入社後、事業開発を経て2024年から現職。

 

株式会社HACARUS
『次世代の「はかる」をあらゆる産業に』をミッションとし、少ないデータで、抜本的な問題解決につなげる「AIソリューション」を提供しています。2014年の設立から数多くの企業の問題解決に貢献してきた経験と独自の技術力で、人の知見を資産化し、オペレーションの効率化・省人化を成功させます。データの取得から既存システムとの連携までを一貫して支援し、人間とAIが共存する未来の実現に取り組んでいます。
事業の柱の一つは製造業のスマートファクトリー化を推進する AI ソリューションの開発で、AI外観検査システム「HACARUS Check」シリーズのお客様導入を進めています。
https://check.hacarus.com/ja/

本社: 京都府京都市中京区高宮町206 御池ビル8階
設立: 2014年1月
代表取締役CEO:染田 貴志
資本金: 1億円
https://hacarus.com/ja/

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら