スタッフの健康づくりをサポートするCHO(Chief Health Officer)室を発足

スタッフの健康づくりをサポートするCHO(Chief Health Officer)室を発足

株式会社ハカルスは2018年4月より、社員の健康づくりをサポートすることを目的として、CHO(Chief Health Officer)室を発足いたしました。
ハカルスCHO室では「AI × healthcare」「global」をキーワードに、ハカルスならではの健康に関する取組みを行います。そしてみなさまにハカルスのことをより知っていただくための情報発信を行なってまいります。

ハカルスの健康への取組み

ハカルスは京都発のテクノロジーベンチャーであると同時に、健康に関するさまざまなスペシャリストを擁するヘルスケアカンパニーです。

わたしたちは、「地球上の全ての人を120歳までお連れする」ことをミッションとして掲げ、事業においては医療やヘルスケア分野における専門的知識や経験を持つメンバーの知見と人工知能をはじめとするテクノロジーを組み合わせることで、人間が長くいきいきと活躍することができる社会を目指しています。

そのミッションをわたしたち自身が体現するために、ハカルスメンバー1人ひとりが自律した健康管理ができるようになることを目指した取組みや活動を行います。さらにはその経験を積極的に社外へ発信し、活動を拡げることで、社会全体の健康づくりにも貢献していきます。

株式会社ハカルス代表取締役兼CHO  藤原健真

CHO室について

ハカルスのCHO室は、代表藤原を室長に管理栄養士、健康運動指導士を含むメンバーで構成されています。CHO室はフィリピンで働くスタッフや学生インターンなど、全てのスタッフの健康意識と行動の改善を目指します。

CHO室の役割

ハカルスCHO室の役割は大きくわけて以下の4つです

1.SUPPORT

ハカルスで働くメンバーと社会全体の健康づくりを支援

2.PR

ハカルスで働くメンバーや文化についての情報発信

3.COMMUNITY

企業における健康推進を通じ、国内外の企業や人との繋がりを持つ

4.LAB

データサイエンスとヘルスケアを結びつけたハカルス独自の研究を実施

CHO室の活動

ハカルスCHO室では今後、以下のような活動と情報発信を行う予定です
– デスクワーカーのためのオリジナルアプリの開発
– 「ハカルス体操」の開発
– メンバーへの問診インタビュー
– 出張健康講座、出張トレーニング
– フィリンピンメンバーから現地の健康情報
– 人工知能が考えたレシピを再現
など
活動の内容はハカルスのWebサイトFacebookページから発信します。
ハカルスCHO室の活動にご注目ください。

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら