社員問診インタビュー:染田さん

社員問診インタビュー:染田さん

ハカルスには現場での特定保健指導を経験した管理栄養士と健康運動指導士がいます。そこで、ハカルスメンバーに”健康に関する問診を実施。”健康”という切り口でハカルスで働くメンバーをご紹介していきます。

第二回目はCTOの染田貴志さん!エンジニアらしい生活(PCと向きあって座りっぱなしの生活)を長年されている染田さん。知らず知らずの間に身体への影響が出ているかも!?


インタビュアーは管理栄養士の藤本(フジ)と健康運動指導士の菊本(キク)です。さっそく始めましょう!

 

染田貴志さん(ソメ)。

インタビュー日はちょうど40歳のお誕生日。インタビュアー2人からの野菜ジュースのプレゼントです。

 


▲コンビニに入ったら無意識に手が伸びるというK社の野菜ジュース。満足感もあってお気に入りだそう。

 

◆健康について気になっていること

ソメ:お腹周りのお肉がついたなーと実感してます。スーツを着るとき、前はベルトで調節していたのに、今はベルトなしでもいけます。

フジ:周りから見ていてそれほど気にならなかったですが、実はそうなんですねー。

ソメ:あとは、集中力が落ちたと思います

キク:それは健真さんも言ってました。ハカルスの課題ですね

フジ:健康診断の結果で何か言われていることありますか?

ソメ:毎年脂質(中性脂肪やLDLコレステロール)が高い傾向です。今年受けたのは大丈夫でしたが。

 

10年前と比べて10kgほど体重が増えたという染田さん。でも、今の体重でBMI20.4なので全く問題ないです。むしろ10年前が痩せすぎです…スーツのベルトがいらなくなったことは気にしなくっても大丈夫です!

 

 

 

◆食事について

フジ:では、食事についてお聞きします。朝昼夕の食事内容だいたい教えてください。
ソメ:朝はパンにチーズとかをのせて、コーヒーとヨーグルト。昼はお弁当とコンビニが半々くらいです。夕食はごはんとみそ汁、おかずが2品くらいですね。子どもの好きなメニューが出ることが多いです。唐揚げとかカレーとか丼ぶりものとか。

フジ:なるほど。コンビニの時の定番メニューは、サンドイッチと野菜ジュースとファミチキ。
ソメ:ですね。野菜ジュースはよく飲むようになりました

キク:ファミマに行ったら野菜ジュースコーナーに直行してはりますもんね

フジ:あとは、染田さんといえばおやつですね
ソメ:はい。これをやめるのはキツイっす。

野菜を摂ろうという意識をされていることや、おやつを食べたいから昼食のボリュームは控えめにしている、などご自身で工夫もされています。が、検診結果でも脂質が高い傾向があり、夕食も遅くなりがちな染田さんなので、夕方に食べる間食の内容は一緒に考えていく必要ありですね!

 

 

 

◆運動について

キク:では、運動はどうですか?

ソメ:苦手ではないですけど、好きではないです。去年シューズとウェアを揃えたのにジムに通う、あと1歩がなかなか踏み出せてないです。

 

キク:ジムって行くまでが面倒くさいですよね。行ったことない場所ってだけでも億劫になるのに。

ソメ:でも、以前菊本さんに言われてから、バスの停留所1つ分は歩くようになりました。帰りは疲れているので難しいですが、朝は歩くことで目も覚めるし、仕事モードに切り替えられる気がします。

キク:スバラシイですね〜

ソメ:これは習慣化することができました

 

日常に組み込める形なら続けやすいですね。休みの日には公園で息子さんとサッカーも楽しんでいるとのこと。

 

キク:腰痛や肩こりはどうですか?

ソメ:気になってます。毎月、鍼灸接骨院にも行っています。

キク:腰痛や肩こりの原因の8割は運動不足・筋力不足(による姿勢の悪さ)やと思ってるんです。毎月の鍼灸接骨院代、結構大きいですもんね。絶対治したいですよね。

 

先日のイベント時の染田さん。CHO室を皆さんに紹介してくださってありがとうございます〜。
横から見ると姿勢がよく分かります。染田さんはちょっと反り腰。お腹に力が入っていなくて、背骨にもたれかかっている感じ。 腰☆痛☆の☆原☆因

 

 

◆今後の目標について

キク:健康面で目標とかありますか?

ソメ:「ジムに通う、腰痛・肩こりを治す、集中しやすいカラダづくり、ですかね。」

キク:ジムはなかなか行くのが難しそうなので、社内で週1回パーソナルトレーニングしましょう。腰痛や肩こり改善のメニューを考えます。

ソメ:・・・お手柔らかにお願いします。。

 

フジ:あとは、おやつの内容もちょっと考えましょう。ヘルシースナッキングって聞いたことありますか?

ソメ:知らないです。

フジ:ちょっと前から話題なんですけど、空腹感を感じる前に間食をうまくすることで、ストレス少なくトータルのカロリーをコントロールするみたいな考え方なんです。そこでおすすめされている間食は、ナッツとかヨーグルトとか。あとは、いつも染田さんが飲んでるような、ちょっとお腹にたまるようなスムージーとか。チョコでも高カカオのやつにするとか。

キク:集中力を高められるような取り組みも会社全体でやっていきたいです

ソメ:仕事中はついつい仕事のことだけを考えて、運動とか忘れがちになるので、声かけして気付かせてもらえるとありがたいです。やるなら始業前か終業後、あとは昼食の後とかがやりやすいです

染田さんの問診まとめ
・集中力が切れやすくなった
・ハカルス入社してから野菜を意識するようになった
・なかなかジムに通うとかはできないが、バスの1停留所分を歩くのは習慣になった
・姿勢を改善して、腰痛・肩こりをなくす

食べることに関しては、特にお菓子の内容に気をつける。運動によって腰痛や肩こりを解消していくとともに姿勢を改善して、イベント登壇時にかっこよく喋ってもらえるようにする!

 

<専門家からのメッセージ>

食事については大きくは問題は無さそうです。夕食時間が遅くなってしまうこと、お菓子をよく食べることは、どちらも脂質コントロールに影響がでます。まずは、スナックやチョコレートばかりでなく、ちょっと健康的なおやつに切り替える日も作っていきましょう。

普段の姿勢、そしてほとんど座りっぱなしの生活、これらは腰痛や肩こりの原因になりやすいです。運動を週1回からでもよいので、習慣にするところから始めましょう。運動をやることに対して心の壁があるように感じるので、運動をすることのハードルを下げて、生活の中に運動を組み込むことを目標にしましょう。

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら