『スパースモデリングの MI への活用』ウェビナーにて講演します

『スパースモデリングの MI への活用』ウェビナーにて講演します

HACARUSのデータサイエンティスト 増井隆治が、ウェビナー講師として登壇いたします。奮ってご参加ください。

講演タイトル:スパースモデリングのマテリアルズインフォマティクスへの活用(Python ハンズオンあり)

開催日時:2021年3月18日(木)10:30~16:30

お申し込みはこちら(外部サイト)

 

講演概要

スパースモデリングとは、一見複雑そうに見えるデータでも本質的な部分はごくわずかであるという仮定を用いて、データからその少数の本質を抽出するための方法論です。スパースモデリングは少ないデータからでも、本質を抽出することができ、MRI画像の撮像やブラックホールの撮像を始め、マテリアルズインフォマティクスでも応用されています。

本講義では、スパースモデリングとは何なのかという話から、Pythonでのハンズオンを中心に、どのようにマテリアルズインフォマティクス に活用していくかを紹介します。

 

セミナー対象者

  • データを理解するための分析手法を身に付けたい方
  • ディープラーニング以外のデータ分析の手法に興味がある方
  • スパースモデリングという言葉は知っているが、何ができるのか、どうやって使うのか困っている方

 

CMC Research 公式ウェブサイトからお申込みいただけます。

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら