「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN 2024」(株)東陽ブースに出展

「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN 2024」(株)東陽ブースに出展

FANUC協働ロボットプラグイン対応機器のAI外観検査システムを展示

「次世代の『はかる』をあらゆる産業に」をミッションとするAIソリューション会社株式会社HACARUS(本社:京都市中京区、代表取締役CEO:染田 貴志)は、7月4日から3日間、Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)で開催される「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN 2024(ロボットテクノロジージャパン)」で、株式会社東陽ブースに出展します。
本展は、製造業など産業集積地「中部」で開催する国内最大級のB to B 展示会で、製造現場や物流拠点で使用される「産業用ロボット」や産業用ロボットを組み込んだ装置・機器、AGV/AMRなどの無人搬送を利用した「自動化システム」などが多数展示されます。

HACARUSは、AI外観検査システム「HACARUS Check for FANUC CRXシリーズ」のデモンストレーションを行います。ファナック株式会社(FANUC)製の協働ロボットCRXシリーズのプラグイン対応機器として開発した製品で、主に製造業のお客様に導入実績があります。

\こんな課題をお持ちの方にオススメ/
・人手不足に直面する国内の生産現場で、どうロボットを活用するべきか
・生産現場の品質の安定を図りたい
・AIやIoTの技術をどのように活用するか

■出展概要
名称:ROBOT TECHNOLOGY JAPAN 2024(ロボットテクノロジージャパン)
会期:2024年(令和6年)7月4日(木)~7月6日(土)10:00~17:00 ※最終日6日(土)は16:00まで
会場: Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
入 場 料: 1人1,000円 / 団体10人以上1人500円(いずれも消費税込) ※ただし、事前登録者、海外来場者、学生は無料
主催: (株)ニュースダイジェスト社
出展社名:株式会社東陽(ブース位置:ホールE・SIerゾーン・E23)

■出展製品
HACARUS Check for FANUC CRXシリーズ
FANUC社の協働ロボットCRXシリーズとの連携で、完全無人で360°の検査が可能になりました。ワークサイズの制約がなく大きいサイズの全面検査にも対応でき、少量多品種への展開も自社で対応できます。
https://check.hacarus.com/ja/crx/product/

<導入実績>
自動車部品メーカー等

<ご参考>
HACARUS Check全シリーズ https://check.hacarus.com/ja/

【出展社概要】
株式会社東陽
自動車産業をはじめ様々な製造業の現場で必要とされる機械や工具の提案・販売を行う私たち「東陽」は、国内のみならずアジア・北中米・欧州に拠点を置き世界中を股にかけて活動を行う商社です。
グローバルなネットワークを活かし国内の優良メーカーから世界の一流メーカーまで幅広い仕入先と信頼関係を結ぶことにより、クライアントのあらゆるニーズに対して最適かつ質の高いサービスでお応えすることを企業のビジョンとしております。

本社:愛知県刈谷市中山町3-38
創立:1955年
代表取締役社長:羽賀威一郎
資本金:4億8,535万円
https://www.toyo-tos.co.jp/

株式会社HACARUS
『次世代の「はかる」をあらゆる産業に』をミッションとし、少ないデータで、抜本的な問題解決につなげる「AIソリューション」を提供しています。2014年の設立から数多くの企業の問題解決に貢献してきた経験と独自の技術力で、人の知見を資産化し、オペレーションの効率化・省人化を成功させます。データの取得から既存システムとの連携までを一貫して支援し、人間とAIが共存する未来の実現に取り組んでいます。

本社: 京都府京都市中京区高宮町206 御池ビル8F
設立: 2014年1月
代表取締役CEO:染田 貴志
資本金: 1億円
https://hacarus.com/ja/

【取材・お問い合わせ】
株式会社HACARUS 広報担当
メール:pr@hacarus.com
(本件以外でも取材可能です。お気軽にお問い合わせください。)

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら