skip to Main Content
機械学習勉強会 MACHINE LEARNING Meetup KANSAI 第2回イベントを大阪で共催しました

2018年6月15日、株式会社ハカルスは 関西のIT企業4社と合同で「MACHINE LEARNING Meetup KANSAI #2 」を開催しました。

【大阪開催】MACHINE LEARNING Meetup KANSAI #2 – connpass

 

MACHINE LEARNING Meetup KANSAI は関西で機械学習を実務で利用している人を対象とした実践的なノウハウや知識を交換できる持続的なコミュニティとなることを目指して4月に発足しました。第2回目となる今回は、Yahoo! Japanの山本さんとシーリスの有山さんをメインセッションに迎えて、ヤフー大阪グランフロント大阪オフィスにて行われました。

ハカルスからはCHO(Chied Health Officer)室の健康運動指導士 菊本が運営事務局企業によるライトニングトーク(ショートプレゼンテーション)に登壇。CHO室の運動指導活動に機械学習のライブラリ(OPEN POSE)を取り入れたチャレンジについて発表しました。

 

エンジニアへの運動指導における機械学習適用の可能性 – Speaker Deck
またプレゼンの後には40人以上の来場者に向けて約5分間の「運動エクササイズ」を実施。エンジニアが持つ健康上の課題「肩こり・腰痛」「姿勢の悪さ」「筋力の低下」について、業務の合間時間でも実践できる運動をレクチャーしました。

 

 普段、ハカルスのメンバーを見ていて、腰痛や肩こりはエンジニアさんにとって避けては通れない職業病だと感じていました。実際に、会場の皆さんに腰痛や肩こりを普段感じますか?とお聞きしたところほとんどの方が手を挙げられていました。
1日の3分の1以上をデスクの前で過ごすわけですから、腰痛や肩こりが仕事のパフォーマンスに与える影響はとても大きいです。
仕事中の姿勢を少し気にするようにしてみたり、簡単なストレッチや筋トレを毎日少しずつでも続けることでもちろん個人差はありますが辛さを改善できると思います。ただ、1人では続けにくいので、毎日継続できる環境・仲間づくりが手助けとなります。
CHO室があるハカルスでは、毎朝のマインドフルネス(瞑想)や午後のエクササイズが当たり前になっています。スタッフがいつでも参加できる環境が整っています。
今後は、こうしたイベントはもちろん、関西のIT企業さまに出向いて出前式の運動指導ができればと考えています。また、今後もエンジニアチームとコラボして機械学習と運動・健康を掛け合わせた研究や企画を進めて、発表していきたいと思います。

〜ハカルスCHO室 菊本知美

 

今回も第1回に引き続き定員の30名が募集開始後すぐに埋まる盛況ぶり。ミートアップタイムではフードとドリンクをつまみながら、希望者によるライトニングトークが披露されて、関西の機械学習エンジニア同士の交流が進みました。

各スピーカーのプレゼン内容についてはHACARUS Tech Blog でもレポートしております。
MACHINE LEARNING Meetup KANSAI #2 レポート | HACARUS Tech Blog

 

また、イベント参加者の生の声は Twitter のハッシュタグ #MLM_kansai をご覧ください。

 

MACHINE LEARNING Meetup KANSAIは今後も継続的に関西で活動する予定ですのでどうぞご期待ください。
イベントの公開情報を受け取るには connpass の コミュニティにご参加ください。ハカルスのFacebookページTwitterからもお知らせいたします。