HACARUSと京都大学、子宮頸がんの予防・早期診断AI支援システムの共同研究を開始

HACARUSと京都大学、子宮頸がんの予防・早期診断AI支援システムの共同研究を開始

HACARUSと京都大学、子宮頸がんの予防・早期診断AI支援システムの共同研究を開始

HACARUSと京都大学は、以下を目的とした共同研究を実施します。

(1) 高画質で診断精度の高いコルポスコピー動画を教師データとして用いたAIモデルを構築すること。(2) 日本国内の診断、治療基準に沿った診断支援AIシステムを開発すること。(3) 専門医の常駐しない施設において、AIによる精度の高い病変同定や組織採取の診断補助を可能とすること。

詳細を見る

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら