ハノーバー・メッセ2024のジェトロ・セミナーでハカルスが講演します

ハノーバー・メッセ2024のジェトロ・セミナーでハカルスが講演します

ハカルスは、ジェトロの「日本企業によるサプライチェーンとオープンイノベーションセミナーの一環として、顧客との成功事例を紹介する企業に選出されました。

ジェトロ(日本貿易振興機構)は4月24日にセミナーを開催し、日本の3社がビジネスにおけるオープンイノベーションの経験やノウハウを紹介します。コーポレート本部 事業開発 / グループリーダーのAdrian V.J Sossnaが、AI目視検査システム『HACARUS Check』の導入成功事例を紹介します。

また、ジェトロは本セミナーを通じて、日本のサプライヤーと世界のバイヤーを直接つなぐ革新的なプラットフォーム「Japan Street」を紹介することを目的としており、ハカルスもこのプラットフォーム利用しています。

イベント詳細
・開催日:4月24日
・時間: 14:45~15:35
・場所:貿易投資ステージ(ホール4、スタンドE16)
 ※プログラムはこちらからダウンロードしてください。

ジェトロブース
ジェトロは4月22日から26日まで、ハノーバー・メッセにブースを出展し、ベルリン、デュッセルドルフ、ミュンヘンのチームと東京のスタッフがサポートします。ジェトロの活動やサービスについて、ぜひご覧ください。ブース位置は、ホール13スタンドB61/1です

ハカルスブース
ハカルスの代表的な外観検査製品である『HACARUS Check for FANUC CRXシリーズ』は、日本国外では初めて展示され、産業変革のための世界有数の見本市で世界初公開となります。ブース位置は、ホール5スタンドB2809です。

 

株式会社HACARUSについて
『次世代の「はかる」をあらゆる産業に』をミッションとし、少ないデータで、抜本的な問題解決につなげる「AIソリューション」を提供しています。2014年の設立から数多くの企業の問題解決に貢献してきた経験と独自の技術力で、人の知見を資産化し、オペレーションの効率化・省人化を成功させます。データの取得から既存システムとの連携までを一貫して支援し、人間とAIが共存する未来の実現に取り組んでいます。
事業の柱の一つは製造業のスマートファクトリーを推進する AI ソリューションの推進・開発で、AI外観検査システム「HACARUS Check」シリーズのお客様導入を進めています。
https://check.hacarus.com/ja/

本社: 京都府京都市中京区高宮町206 御池ビル8階
設立: 2014年1月
代表取締役CEO:染田 貴志
https://hacarus.com/ja/

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら