skip to Main Content
HACARUSとLiberaware、AIと小型ドローンによる計器の自動読み取りサービスの共同開発を開始

人工知能(AI)を利用した外観検査ソリューションの開発を手掛ける株式会社HACARUS(以下「HACARUS」)は、屋内設備点検用小型ドローンの開発を手掛ける株式会社Liberaware(以下「Liberaware」)と、屋内環境での計器の自動読み取りサービスについて共同開発を開始しましたので、お知らせいたします。

現在、屋内環境での設備点検の多くは人の目視で行われており、作業には膨大な人件費と時間が投じられています。なかでもアナログ計器・デジタル計器の読み取り作業は頻繁に行われる作業でありながら、多くの企業で自動化が進んでいないという現状にあります。

これまでスマートフォン等を使った計器の自動読み取りソリューションは存在していましたが、計器の設置場所まで人が移動して撮影しなければいけないという課題を抱えています。また、計器の設置数が多い、計器の設置場所までの移動に時間がかかる、計器の読み取り作業が繰り返し頻繁に行われるといった環境では、人の移動を伴わない計器の自動読み取りソリューションが望まれています。

このような背景を受け、HACARUSとLiberawareはAIとドローンによる、屋内環境での計器の自動読み取りサービスを共同開発します。これにより、人の移動を伴わない計器の自動読み取りを実現し、作業にかかる人件費と時間の大幅な削減に貢献します。また、危険箇所へ人が移動しないことによる、事故防止や安全支援にも貢献します。


(左, 右)ドローンで撮影したデジタル計器・アナログ計器をAIで自動読み取りした例

(左, 右)Liberawareが開発・製造する屋内設備点検用小型ドローンIBIS(アイビス) 。エレベーター内部を点検するIBISの様子

 

株式会社HACARUSについて
HACARUSは、スパースモデリング技術を利用したAIによる独自の外観検査ソリューション「SPECTRO」を開発・提供しています。SPECTROは、屋内外でのインフラ監視や工業製品の目視検査をAIで自動化し、オンプレミス、組み込み、クラウドでの利用形態に対応します。現在主流のAI技術であるディープラーニングが抱える、大量の学習データが必要、AIの意思決定の過程がブラックボックス、学習フェーズでクラウドへの接続が必要といった課題に対して、SPECTROは独自のAI技術で解決を試みています。
https://hacarus.com/ja/spectro-visual-inspection/

株式会社Liberawareについて
産業用小型ドローンIBISの開発及びドローンが撮影した映像の解析を手掛け、製造業や建設業に対し、設備点検業務の生産性向上を支援しています。点検に際して足場やゴンドラの設置等が必要な設備や、配管や煙突内等の人が進入すると危険な設備の点検業務に活用されています。IBISは、手動操縦型と自動巡回型の2つのラインナップがあり、当プロジェクトにおいては自動巡回型IBISをベースに開発を進めていく予定です。

 

【株式会社HACARUSの概要】
本社: 京都府京都市中京区橋弁慶町227 第12長谷ビル5階A室
設立: 2014年1月14日
資本金: 1億円
主要株主: みやこキャピタル株式会社、イノベーション・エンジン株式会社、株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズ、大原薬品工業株式会社、株式会社エッセンシャルファーマ、株式会社メディフューチャー、株式会社PALTEK、加賀電子株式会社、中信ベンチャーキャピタル株式会社、池田泉州キャピタル株式会社、京銀リース・キャピタル株式会社、経営陣ほか個人
URL: https://hacarus.com/

【株式会社Liberawareの概要】
本社:千葉県千葉市中央区中央3-3-1フジモト第一生命ビル6階
設立:2016年8月22日
資本金:1.5億円
URL:http://liberaware.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
メール:pr@hacarus.com