skip to Main Content
HACARUS、大阪ガスからシリーズB資金調達を実施

2020年4月24日 – 株式会社HACARUS(以下「HACARUS」)は、大阪ガス株式会社(以下「大阪ガス」)を引受先としてシリーズB資金調達を実施しましたので、お知らせいたします。また、あわせてDSファーマアニマルヘルス株式会社(以下「DSファーマアニマルヘルス」)と既存株主である京銀リース・キャピタル株式会社が無限責任組合として運営管理する京銀輝く未来応援ファンド2号投資事業有限責任組合(以下「京銀未来ファンド2号」)からも資金調達を実施しましたので、お知らせいたします。

HACARUSと大阪ガスは、2019年8月に以下2つを目的とする共同開発の検討について合意しました。

1)Daigasグループの社内業務の効率化・省人化を行うAIシステムの共同開発

2)Daigasグループがお客さまに提供するAI・IoTソリューションの共同開発

様々な技術検証、実証実験、効果測定を踏まえ、この度、両社の協業関係の強化を目的とした資本提携を行うこととなりました。今後はDaigasグループ内でのAIシステムの本格的な共同開発・運用に着手すると共に、外販を目的としたAI・IoTソリューションの共同開発を推し進めます。

HACARUSとDSファーマアニマルヘルスは、HACARUS がDSファーマアニマルヘルスの主催する「動物の健康を支える新規事業探索プログラム2018」に参加したことを契機に、2019年6月にアニマルヘルス領域において動物の生体情報を用いたAI解析情報提供に関する共同事業化を行うことを合意しました。その第1弾として動物向け立位心電図データ収集・解析AIサービスを共同開発し、世界最大の医療機器見本市 MEDICAや日本国内での医療系展示会で、プロトタイプを披露いたしました。この度、両社による一定の事業シナジーが確認されたため、資本提携を行うこととなりました。今後は、心疾患を始めとした様々な動物向けAI診断・治療支援サービスの共同開発および共同事業化を推し進めます。

 

株式会社HACARUSについて

HACARUS は2014年に創業して以来、少量データからの特徴抽出に優れるスパースモデリング技術を機械学習に応用した独自のAI開発を行っています。スパースモデリング技術を機械学習に応用することで、膨大な学習データが必要である、AIの意思決定の過程がブラックボックス化されており人間には解釈できない、学習フェーズにおいて大量の計算資源が必要であるといったディープラーニングが抱える課題の解決を試みています。

https://hacarus.com/

 

大阪ガス株式会社について

本社所在地 大阪府大阪市中央区平野町4丁目1-2
設立 1897年4月
資本金 1,321億円
代表者 本荘武宏
主な事業内容 ガスの製造・供給、LPGの販売、電力の発電・販売 他
売上高 1兆3,718億円(2019年3月末:連結)
従業員数 5,392人(2019年3月末:単体)

 

DSファーマアニマルヘルス株式会社について

DSファーマアニマルヘルスは、動物たちの健康を支えることで、人々の笑顔あふれる暮らしに貢献する企業として、2010年7月に大日本住友製薬株式会社の事業部門から分社化し、設立された研究開発型の動物用医薬品等の製造販売会社です。70余年に及ぶ動物薬事業を通じて培った経験と実績を基礎に、人と動物の絆を支える「コンパニオンアニマル事業」、人々の豊かな生活を支える「畜水産事業」、確定診断に必要不可欠な「臨床検査事業」を展開しています。また、医薬品や機能性食品の提供に加え、診察・検査・診断・投薬・アフターケアにわたる獣医師、ペットオーナーや畜産農家等のニーズの全体(ヘルスケアサイクル)へ事業領域を拡張し、総合的なソリューションを提供する会社への変革を推進しています。

https://animal.ds-pharma.co.jp/

 

【本件に関するお問い合わせ先】

メール:pr@hacarus.com