台湾の画像処理分野において高い技術力を誇る「G4」と戦略的パートナーシップを締結。台湾市場へ参入

台湾の画像処理分野において高い技術力を誇る「G4」と戦略的パートナーシップを締結。台湾市場へ参入

ディープラーニングとは異なるアプローチ方法を用いて 「少ないデータ量」で実用的なAIをつくり出し、様々な業界・企業の「いま抱える」課題を解決する株式会社HACARUS(ハカルス)は、台湾にて産業用画像処理サービスを提供するG4(ジーフォー)と戦略的パートナーシップを締結し、台湾市場へ参入いたします。

 

ハカルスは、独自のスパースモデリングを活用したAI技術で様々な事業領域に向けてサービス展開を行ってまいりました。これまでには、国内外で100件を超えるAIプロジェクトを手がけ、製造業、エネルギー・インフラ分野のお客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援しています。

G4は、台湾の台北に本社を構える画像処理を専門とした企業で、当分野に関して豊富な知見を誇ります。この度G4とハカルスは、戦略的パートナーシップ締結に合意しました。これにより、ハカルスが得意とする画像解析を中心とした独自のAI技術を、台湾市場に向けて展開していきます。

台湾は2020年通年のGDP成長率が3.11%と3年ぶりに3%台の成長を達成。2021年のGDP成長率予測も4.64%と引き続き成長を見込んでいます。コロナウィルス感染症の影響で多くの国々のGDPがマイナス成長となっているなかで、国内外の半導体需要や、通信事業者による5Gインフラの構築、新興技術商品の需要拡大などにより持続的な経済及び産業分野の成長が見込まれることも、台湾進出の理由の一つです。

なお本パートナーシップ締結については、本日から台湾にて開催しております展示会「2021 Touch Taiwan Series Exhibition: Smart Manufacturing Exhibition」にて、正式発表致しました。

 

■G4について

https://www.g4.com.tw

G4は、画像処理分野において高い製品力と課題解決力を待ち、台湾国内はじめアジアでも注目されています。

自社製品とソフトウェア技術を掛け合わせたソリューションの提供をおこなっており、「マシンビジョン製品ソリューションのリーディングカンパニー」を目指すというビジョンを掲げています。

 

■ 「2021 Touch Taiwan Series Exhibition: Smart Manufacturing Exhibition」について

https://www.touchtaiwan.com/en/

「Touch Taiwan Series Exhibition」は、台湾のディスプレイ業界が共同で運営する唯一の展示会です。運営母体であるTaiwanDisplay Union Association(TDUA)は、台湾のディスプレイ、材料、コンポーネント、および新しいアプリケーション産業を代表する団体です。

 

【株式会社HACARUS 代表取締役CEO 藤原健真 コメント】

この度、HACARUSの外観検査AIソリューションを台湾のお客様に提供できるようになることを大変喜ばしく思っております。G4社の産業用画像処理分野における知見と、HACARUS独自のAI技術を組み合わせることで、台湾の製造業のお客様に、より速く正確な検査手法をお届けできることを楽しみにしております。

 

株式会社HACARUSについて

HACARUSは、独自のスパースモデリング技術をAIに応用し、少ないデータで、本当に役立つデジタルソリューションの提供をいたします。7年以上に渡り数多くの企業の問題解決に貢献してきたHACARUSならではの経験と技術力で、人の知見を資産化し、オペレーションの効率化・省人化を成功させます。データの取得方法から既存システムとの連携までを一貫して支援し、人間とAIが共存する未来の実現に取り組んでまいります。詳しくは https://hacarus.com/ja/ をご覧ください。

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら