社外監査役就任のお知らせ

社外監査役就任のお知らせ

ディープラーニングとは異なるアプローチ方法を用いて 「少ないデータ量」で実用的なAIをつくり出し、様々業界・企業の「いま抱える」課題を解決する株式会社HACARUS(ハカルス)は、2021年3月31日開催の定時株主総会において、川音 聡(かわおと さとし)氏が社外監査役に就任したことをお知らせいたします。

HACARUSは創業以来、独自のAI技術の活用による医療・創薬分野への貢献を主要事業のひとつとして掲げてきました。製薬業界での多くの経験に加え、経営陣として製薬会社の会社経営に携わった実績を持つ川音氏の参画により、創薬支援AIのR&Dと事業化をますます推進してまいります。

 

■ 社外監査役 川音聡氏プロフィール

1987年~2005年、アベンティス ファーマ株式会社(現サノフィ株式会社)にて、その前身会社から長らく新薬開発のプロジェクトリーダーを担当。2005年、ノバルティス ファーマ株式会社に入社。新薬開発、薬事全般、信頼性保証・コンプライアンス業務に従事。2015年〜2020年、同社取締役。チームリーダーとしての組織強化、人材育成のノウハウも有し、2020 年 9 月より青山学院大学大学院 ビジネススクールにて非常勤講師を務める。

 

株式会社HACARUSについて

HACARUSは、独自のスパースモデリング技術をAIに応用し、少ないデータで、本当に役立つデジタルソリューションの提供をいたします。7年以上に渡り数多くの企業の問題解決に貢献してきたHACARUSならではの経験と技術力で、人の知見を資産化し、オペレーションの効率化・省人化を成功させます。データの取得方法から既存システムとの連携までを一貫して支援し、人間とAIが共存する未来の実現に取り組んでまいります。詳しくは https://hacarus.com/ja/ をご覧ください。

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら