『デバイス試作サービス for Edge AI』 提供開始

『デバイス試作サービス For Edge AI』 提供開始

データ収集用デバイス開発からAIとの連携まで、 ワンストップ支援により半年間で実現。音、臭い、振動、ガス、重量などデータ収集・可視化の難しい事例にも対応

京都発のAIソリューションカンパニー・株式会社HACARUS(本社:京都市中京区、代表取締役社長:藤原健真、以下「ハカルス」)は、データ収集用デバイスの開発とそのデータを可視化するダッシュボード、およびAIとの連携をワンストップで支援し、半年で完了する『デバイス試作サービス for Edge AI』を提供開始いたします。

本サービスについて

『デバイス試作サービス for Edge AI』は、これまでAIを導入するために汎用ハードウェアの使用を検討したが、費用や特殊なデータ取得環境などの制約により実装が難しかった企業に対して、スムーズなAI導入を支援するサービスです。データ取得から既存システムとの連携まで、一貫した支援に実績のあるハカルスが、これまで培ってきたAI開発のノウハウを活用し、スピード感を持って開発することで、通常1年以上かかるプロセスを半年に圧縮しました。

本サービスは、画像データや温度・湿度などに収集しやすいデータだけでなく、「打音などの様々な音」、「臭気」、「振動」、「ガス」、「重量」などの収集や可視化が難しいデータ取得にも対応します。プロジェクト開始から半年後には、エッジAI用ハードウェアのプロトタイプ3台と、収集されたデータ可視化の仕組み(ダッシュボード等)、さらに連携されたAIシステムまでをお客様にご提供。エッジAIに強いHACARUSならではのワンストップ支援により、効率的なAI導入を実現します。

AI活用タイプ別「デバイス試作サービス for Edge AI 」サービス導入例

①クラウドAIタイプ
データ収集・可視化・AI運用のすべてをクラウドで実施します。(開発コストを抑えたいお客様向け)

②エッジAIタイプ
データ収集・可視化・AI運用のすべてをエッジデバイスやローカルネットワーク内で完結でき、オンプレミス型の運用が可能です。(データセキュリティ重視のお客様向け)

③ハイブリッドタイプ
データ収集をエッジデバイスで行い、AIがクラウド上で稼働するハイブリッドな運用方法です。(環境や運用方法に合わせて、フレキシブルな開発をご希望のお客様向け)

デバイス開発事例

■肉球の裏から動物の心電図データを取得するツールを開発

DSファーマアニマルヘルス社と、動物の心電図データを測定・分析するツールを共同開発中。動物の肉球(足の裏)から心電図データを取得する機能を備えた装置とHACARUSのAIを組み合わせ、安全で簡便かつ正確な心電図データ取得とAIによる解析・判定が可能です。
解析データはDSファーマアニマルヘルス社が提供する獣医向けのクラウドプラットフォーム(あにさぽ®)に送信され、診察に役立てられます。
※ 本装置は、動物用医療機器として開発中です

デバイス試作サービス for Edge AI 概要

提供期間: 6ヶ月間

サービス内容:

  • お客様のニーズに合わせたエッジAI用ハードウェアのご提案
  • プロトタイプデバイス開発(プロトタイプデバイス3台の提供を含む)
  • 取得後のデータ可視化方法ご提案(お客様のニーズに合わせて構築)
  • AIの構築、既存システムとの連携支援
  • その他、プロトタイプ開発後のデバイス量産にも対応可能。
    どうぞお気軽にご相談ください。

サービスURL: https://hacarus.com/ja/services/edge/edge-device-prototype/

 

 

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら