書籍 『課題解決に効く、次世代AI活用術』がAmazon先行発売

書籍 『課題解決に効く、次世代AI活用術』がAmazon先行発売

京都発のAIソリューションカンパニー・株式会社HACARUS(本社:京都市中京区、代表取締役社長:藤原健真、以下「ハカルス」)は、2021年10月29日(金)に、『課題解決に効く、次世代AI活用術』を発売いたします。

本書は、課題や環境によって適切なAIの種類を選ぶ「次世代AI活用術」を解説する書籍です。近年、AIという言葉が多く聞かれるようになりました。しかしながら、導入した現場では、運用方法や費用対効果について悩む声も上がるなど、AIを導入することが目的化することでうまく活用が出来ていないケースが見受けられます。また、「AI=ディープラーニング」と考えている方が多いのが現状です。

本書では、AIソリューションのプロとして国内外の企業の問題解決に貢献してきた、ハカルス代表・藤原健真が、課題や導入環境によってAIを選ぶ活用術を伝授します。 「そもそもAIとはどのようなものか」という基本的な内容からお伝えし、適切な設計・運用方法など、AIを課題解決に役立てる方法を解説します。また、新しい選択肢として「スパースモデリング」を活用したAIについて言及し、問題解決に向けたAI導入の第一歩を後押しします。

【『課題解決に効く、次世代AI活用術概要

■著者      :株式会社HACARUS 代表取締役CEO 藤原健真
■価格   :1680円(税抜) /1,848円(税込み)
■出版社   :クロスメディア・パブリッシング
■AmazonURL:https://www.amazon.co.jp/dp/4295406112/
■発売日   :10/29(金)Amazonにて先行発売、12/3(金)全国の書店にて発売予定

本書の構成内容

  • 〈目次〉
  • 第1章 なぜ、AI活用は現場でうまくいかないのか?
  • 第2章 AIプロジェクトの効果的な進め方と成功させるポイント
  • 第3章 課題解決の鍵は、適切なAIを選ぶこと
  • 第4章 適切な手法を選択しビジネスにAIを役立てる
  • 第5章 日本企業が世界で勝つためのAI戦略

株式会社HACARUSについて

HACARUSは、スパースモデリング技術をAIに応用し、少ないデータで、本当に役立つデジタルソリューションの提供をいたします。7年以上に渡り数多くの企業の問題解決に貢献してきたHACARUSならではの経験と技術力で、人の知見を資産化し、オペレーションの効率化・省人化を成功させます。データの取得から既存システムとの連携までを一貫して支援し、人間とAIが共存する未来の実現に取り組んでまいります。

本件に関するご質問は、pr@hacarus.com までお問い合わせください。

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら