外観検査AI『HACARUS Check』のグローバルマーケット向けウェブサイトを開設

外観検査AI『HACARUS Check』のグローバルマーケット向けウェブサイトを開設

海外展開を見据え外観検査と品質管理の自動化のための『HACARUS Check』外観検査ソリューションに関する情報提供を開始

「次世代の『はかる』をあらゆる産業に」をミッションとするAIソリューション会社「株式会社HACARUS(ハカルス)」(本社:京都市中京区、代表取締役CEO:染田 貴志)は、主力製品である外観検査AI『HACARUS Check』シリーズのグローバルマーケット向けウェブサイトを新開設しました。このウェブサイトは、『HACARUS Check』に関するあらゆる情報をワンストップで提供し、AIとロボティクスを導入してDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進する方法について英語で説明しています。

『HACARUS Check』は、自動車部品や金属・鋳造品、電子機器、機械加工部品の外観検査に優位性を持っています。検査対象の例としては、金属シリンダーやダイカスト、複雑なプラスチック部品、電子回路基板などがあり、傷、へこみ、汚れなどの欠陥の検出機能だけでなく、異物混入などの完成品チェック機能を備えています。

このウェブサイトは、製品のユースケースAIソフトウェアCRXシリーズといった製品詳細のほか、パートナー向け情報などのセクションに分かれており、顧客の成功事例、製品機能、AIとロボットの連携、販売代理店との関わり方など様々なコンテンツを掲載しています。このウェブサイトによって、HACARUSの戦略的重点分野のひとつであるグローバル展開を推進し、海外での『HACARUS Check』の市場浸透を目指します。

『HACARUS Check』の新しいグローバルマーケット向けウェブサイトはこちらからご覧ください。

※なお、新ウェブサイトは以前の製品ウェブサイトと同じURLを使用していますので、既存のブックマークやリンク(https://check.hacarus.com/)を更新する必要はありません。

 

株式会社HACARUSについて
『次世代の「はかる」をあらゆる産業に』をミッションとし、少ないデータで、抜本的な問題解決につなげる「AIソリューション」を提供しています。2014年の設立から数多くの企業の問題解決に貢献してきた経験と独自の技術力で、人の知見を資産化し、オペレーションの効率化・省人化を成功させます。データの取得から既存システムとの連携までを一貫して支援し、人間とAIが共存する未来の実現に取り組んでいます。
事業の柱の一つは製造業のスマートファクトリー化を推進する AI ソリューションの開発で、AI外観検査システム「HACARUS Check」シリーズのお客様導入を進めています。
https://check.hacarus.com/ja/

本社: 京都府京都市中京区高宮町206 御池ビル8階
設立: 2014年1月
代表取締役CEO:染田 貴志
https://hacarus.com/ja/

【取材・お問い合わせ】
株式会社HACARUS 広報担当
メール:pr@hacarus.com
(本件以外でも取材可能です。お気軽にお問い合わせください。)

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら