「ものづくり企業のためのDX推進カンファレンス」 生産技術DX Dayに登壇

「ものづくり企業のためのDX推進カンファレンス」 生産技術DX Dayに登壇

2024年5月22日14時 オンライン配信

取締役CPO 兼 プロダクト事業部長の大西 理王が「自動車金属部品の外観検査自動化」をテーマに講演します。
「ものづくり企業のためのDX推進カンファレンス」は、製造業のDX推進に関する4日間のセッションです。HACARUSが登壇する2日目は、スマートファクトリーを核とする「生産技術DX」と題してAIやDXに関連する14社が参加します。

>>参加費無料、視聴のお申込みはこちらから

■ものづくり企業のためのDX推進カンファレンス開催概要
日時:2024年5月21日(火)~5月24日(金)
会場:オンライン
参加費:無料
主催者:株式会社Innovation & Co.

【当社の登壇】
日時:5月22日(水) 14:00~14:30
タイトル:【Day2】生産技術DX Day 09「複雑形状の自動車金属部品に! 少量良品学習の独自 AI ✕ ロボットで外観検査を自動化」
登壇者:株式会社HACARUS取締役CPO 兼 プロダクト事業部長 大西 理王
https://check.hacarus.com/ja/

【視聴方法】
視聴申込みページ(視聴申込みはこちら>>)より必要事項を記入の上、お申し込みください。ご登録いただいたメールアドレス宛に、主催社Match UP事務局から視聴用のURLをお送りします。

【こんな方におすすめです】
・自動車部品業界で製造・検査工程の自動化に取り組んでいる
・AIを導入したが、ディープラーニングでは対応が難しかった
・AIを導入したが、撮像が上手くいかない

【ご参考:主催社webサイトより】
ものづくり企業のためのDX推進カンファレンス2日目の生産技術DX Dayでは、スマートファクトリーを核とする生産技術DXが、生産性向上、属人化の脱却、コスト削減にどう貢献するかを探求します。
デジタル技術による生産設備の統合、リアルタイムデータ分析に基づく迅速な意思決定の実現、製造現場の自動化とデータを軸とした意思決定によるマスカスタマイゼーションへの対応など、具体的な成功例を通じて、生産技術DXがいかに企業の競争力を高めるかを学ぶことができます。

【出展社概要】
株式会社HACARUS
『次世代の「はかる」をあらゆる産業に』をミッションとし、少ないデータで、抜本的な問題解決につなげる「AIソリューション」を提供しています。2014年の設立から数多くの企業の問題解決に貢献してきた経験と独自の技術力で、人の知見を資産化し、オペレーションの効率化・省人化を成功させます。データの取得から既存システムとの連携までを一貫して支援し、人間とAIが共存する未来の実現に取り組んでいます。
事業の柱の一つは製造業のスマートファクトリー化を推進する AI ソリューションの開発で、AI外観検査システム「HACARUS Check」シリーズのお客様導入を進めています。
https://check.hacarus.com/ja/

本社: 京都府京都市中京区高宮町206 御池ビル8階
設立: 2014年1月
代表取締役CEO:染田 貴志
資本金: 1億円
https://hacarus.com/ja/

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら