ファイザー株式会社の社内アクセラレータープログラムにファイナリストとして参加

ファイザー株式会社の社内アクセラレータープログラムにファイナリストとして参加

株式会社HACARUS(本社:京都市中京区、代表取締役CEO:藤原健真、以下:HACARUS)は、ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:原田明久、以下:ファイザー)が主催する、患者さんへの貢献を目指した社内アクセラレータープログラムに参加し、AIを活用した先進的な協業プランを提案しました。

本プログラムでは、ファイザーの6つの部門(インターナルメディスン/炎症・免疫/オンコロジー/希少疾病/病院/ワクチン)のマーケティング担当社員の中で、今後取り組むべき患者さんへの貢献について検討され、課題の抽出が行われました。その中で、それらの解決の可能性がある企業の1つとしてHACARUSが選出され、そのためのアプローチについて提案を行いました。 

2021年11月に実施された本プログラムの最終報告会では、HACARUSを含む4社のスタートアップ企業が登壇し、ファイザーのリーダーシップ・チームに向けて、AIを活用したHACARUSの先進的な協業プランを提案しました。

HACARUSは、各業界に適した革新的なソリューション提供に向けて、今後とも取り組んでまいります。

【株式会社HACARUSについて】

HACARUSは、スパースモデリング技術をAIに応用し、少ないデータで、本当に役立つデジタルソリューションの提供をいたします。7年以上に渡り数多くの企業の問題解決に貢献してきたHACARUSならではの経験と技術力で、人の知見を資産化し、オペレーションの効率化・省人化を成功させます。データの取得から既存システムとの連携までを一貫して支援し、人間とAIが共存する未来の実現に取り組んでまいります。本件に関するご質問は、pr@hacarus.com までお問い合わせください。

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら