skip to Main Content

SALUS診断・治療支援AIサービス

AI の力で人々の健康や生活を豊かにするのがHACARUSのミッションです

SALUSは、HACARUSのメディカル&ライフサイエンスAIソリューション向けプラットフォームです。 私たちはCT&MRIスキャンなどの医用画像データ、ECGなどの時系列データ、患者の病歴履歴を使って、正確で複雑なツールを作成し、介護者や研究者がデータ駆動型AIインサイトのデータに基づいてより良く、より速く、より安全な治療を提供できるよう支援します。

Salus active projects

事例研究

HACARUSと大原薬品工業、脳梗塞診断支援AIの共同開発

MRI画像読影および読影結果とその他の情報からの病型診断、適切な治療法の選択など脳梗塞の診断には高い専門性が求められます。特に急性期の脳梗塞の治療は一刻を争うものであり迅速な診断と処置が必要です。MRI撮像装置はあっても脳梗塞の専門医がいない病院も少なくありません。

そこで、HACARUSと大原薬品工業は、最先端の医学研究を行っている大学と、共同プロジェクトを立ち上げました。脳卒中の専門医の知識とノウハウをデジタル化し、AIを活用した急性期の脳梗塞の診断支援の実現を目指しています。MRI画像データと、その他の患者の医療データを組み合わせることで、AIモデルは医師の診断を正確に支援することができます。また、専門医の知識とノウハウのデジタル化によって、即時性の高い診断が可能になります。結果的に、急性期の脳梗塞の診断が遅れるリスクが抑えられるだけでなく、専門医の大きな負担を軽減することにも繋がります。また、専門医のいない病院においても脳梗塞の迅速な診断と適切な治療が可能になります。

HACARUSと神戸大学、 肝細胞がんのMRI画像解析と診断支援AIの共同研究を開始

HACARUSと神戸大学は、以下を目的とした共同研究を実施します。

  • 教師あり学習によるAIを使用した、MRI画像内のリスク領域を検出すること。
  • リスク領域における肝細胞がんの病型分類を行うこと。
  • AIによる精度の高い病型分類や診断支援を可能とすること。

詳細を見る

HACARUSと京都大学、子宮頸がんの予防・早期診断AI支援システムの共同研究を開始

HACARUSと京都大学は、以下を目的とした共同研究を実施します。

(1) 高画質で診断精度の高いコルポスコピー動画を教師データとして用いたAIモデルを構築すること。(2) 日本国内の診断、治療基準に沿った診断支援AIシステムを開発すること。(3) 専門医の常駐しない施設において、AIによる精度の高い病変同定や組織採取の診断補助を可能とすること。

詳細を見る

ITK Engineeringによるソリューション開発

ボッシュ株式会社の子会社であるドイツのテクノロジー企業 ITK Engineering と Hacarus は、ECG信号を評価するためのパーソナライズされた患者監視システムの開発に関するPoCを実施しました。患者の心臓ECGの異常をほぼリアルタイムで評価するだけでなく、予想される正常なECGと一目で比較することもできます。

医療機器開発における25年の経験に基づき、ITK EngineeringはCEおよびFDA認可に向けてソフトウェアおよびハードウェアシステムを開発し、安全性、サイバーセキュリティ、およびデータプライバシーにおける最高水準を保証します。

DSファーマアニマルヘルス社とのパートナーシップ

DSファーマアニマルヘルスとHACARUSは、動物の肉球(足の裏)から心電図データを取得する機能を備えたシートで心電図データを収集し、安全で簡便かつ正確な測定を可能とした非侵襲型ECG測定および分析ツールを開発しています。このシートは、HACARUSのAIソリューションを含むベースステーションに接続され、DSファーマアニマルヘルスが提供する獣医向けのクラウドプラットフォーム(あにさぽ®)と通信します。

ライフサイエンスのユースケース

ゲノム解析

HACARUS のAI専門知識を駆使して、DNA配列、構造変化、遺伝子発現、またはゲノムスケールでの調節および機能要素アノテーションなどのゲノム機能の識別、測定、または比較などのタスクを支援できます。

再生医療

HACARUS AIアルゴリズムを活用して、損傷または病変した細胞、臓器、組織を再生、修復、置換する方法の開発を支援します。 治療用幹細胞の生成と使用、組織工学、人工臓器の生産を含みます。

AI支援による創薬

HACARUSが構築したAIツールを使い、パターン認識、材料情報学、データモデリングに重点を置いた機械学習技術を使って、創薬を簡素化できます。

HACARUSの AI の特徴

HACARUSのAIは医師や医療従事者と同じやり方で患者データを理解するように作られています。例えば、患者データの沢山の項目の中から、鍵となる症状やその症状に関連する特徴を見つけ出します。このような人間の知識に基づいたアプローチには様々なメリットがあります。

専門家とデータをかけ合わせて生まれたAI

専門家とデータをかけ合わせて生まれたAI

HACARUSのAIは専門家の知識を取り込んでモデルを構築しているため、医師がその振る舞いを理解することができます。

希少なケースにも対応可能

希少なケースにも対応可能

数万ものデータを必要とするサービスとは異なり、わずか数百件のデータからモデルを作成する事ができます。 そのため、HACARUSのAIはデータを集める事が困難な希少疾患にも適用することが可能です。

高速で低消費電力

高速で低消費電力

HACARUSのAIは軽量にデザインされており、競合技術と比較して1%の消費電力で、実行時間は5分の1で動作したケースもあります。

様々な実行環境のサポート

様々な実行環境のサポート

HACARUSのAIはクラウド上またはエッジの様々な端末をサポートしており、既存のお客様の実行環境に容易に統合することができます。私たちの技術はソフトウェアからハードウェアの実行基盤まで幅広くカバーしています。

以下のフォームよりお問い合わせください。

Get more information