HACARUS Lens MeterHACARUS Lens メーター

目視が必要なメーターを
自動検針化。
検針訪問の人的コストを削減

わたしたちの身近にはさまざまなメーターが存在します。一般家庭のガスメーター、水道メーターもあれば、工場内の機器に設置されている計器など、その種類はさまざまです。スマート メーターの導入も進んではいますが、従来型のメーターも依然として多く、検針担当者が現地を訪れて数値を確認しています。メーターの場所によっては、一度の訪問に数時間近くかかることもあれば、人が入るには危険な現場もあります。
HACARUS独自のAIを搭載したHACARUS Lensメーターで、メーターをデータ化して記録することで、このような問題は解決します。工場内を自動巡回するドローン向けのAI、屋外メーターを検査する定点カメラ向けのAIなど、ニーズに合わせた解決策をご提案します。

  • アナログメーターの
    自動検針を実現

  • 屋内・屋外両方の
    メーターにも対応

  • ネットワーク外でも使える
    軽量なAI

ユースケース

小型ドローンを用いて、工場内の計測機器の記録を自動化

小型ドローンを用いて、工場内の計測機器の記録を自動化

工場内をドローンが巡回し、計器を記録。毎回ヒトが巡回するコストを削減します。

リモートセンシングデバイスを用いた定点計測

リモートセンシングデバイスを用いた定点計測

遠隔地にあるアナログメーターの検針は大きな人的コストです。AI搭載の定点カメラを設置し、そのコストを省きます。

サービス概要

既存端末に組み込み可能。Pythonで開発可能です。

API or SDK

ドローン、カメラ等に組み込み
メーターを記録、学習、判別

製品タイプ APIまたはSDK
開発言語 Python
動作確認環境 Windows/Linux GPUは必要ありません。エッジ・IoTデバイスへのインテグレート可能。

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら