「T Project ウェビナー」にプロダクト事業部の山口が登壇します

「T Project ウェビナー」にプロダクト事業部の山口が登壇します

10月5日にオンラインで開催される「T Project ウェビナー」にプロダクト事業部の山口貴志が登壇します。目視検査の工数削減や人員不足を解決する AI 外観検査システム『HACARUS Check』をテーマに、外観検査の現場で使える高精度AIについて解説します。工場・製造現場でのDX推進や業務効率化を検討中の方に最適な内容のプレゼンテーションです。

■開催概要

  • 日時:2023年10月5日(木) 13:00– 15:00
  • 定員:100名
  • 会場:オンライン(Zoom) ※お申込後に参加用URLをお送りします。
  • 費用:無料
  • 主催:株式会社T Project、FPTコンサルティングジャパン株式会社
  • 共催:株式会社HACARUS、株式会社スマートショッピング

■登壇内容

  • 登壇日時:2023年10月5日(木) 14:00-14:25
  • 登壇者:プロダクト事業部 ビジネス開発マネージャー 山口 貴志
  • タイトル:製造業の目視検査を軽減、品質を均一化するAI外観検査
  • 概要:外観検査の工数を大幅に削減し、品質を均一化する「HACARUS Check シリーズ」は、ロボットが複雑形状のワークを360°検査し、AIが欠陥を自動検知します。AIは良品のみ10個から作成でき、学習を繰り返すことで、ワークの経時的変化に対応します。今年からFANUC社の協働ロボットCRXシリーズとAIを連携し、完全無人検査や少量多品種に自社で対応いただけるようになりました。AI外観検査システム「HACARUS Checkシリーズ」の特徴や導入事例をご紹介させていただきます。

■詳細・お申し込み

https://tprj.co.jp/webinar-231005-hacarus/

 

【会社概要】

株式会社HACARUS
HACARUSは、『次世代の「はかる」をあらゆる産業に』をミッションとし、少ないデータで、抜本的な問題解決につなげる「AIソリューション」を提供しています。2014年の設立から数多くの企業の問題解決に貢献してきた経験と独自の技術力で、人の知見を資産化し、オペレーションの効率化・省人化を成功させます。データの取得から既存システムとの連携までを一貫して支援し、人間とAIが共存する未来の実現に取り組んでいます。

本社: 京都府京都市中京区高宮町206 御池ビル8F
設立: 2014年1月14日
代表取締役CEO:藤原 健真
資本金: 1億円
https://hacarus.com/ja/

【取材・お問い合わせ】

株式会社HACARUS 広報担当
メール:pr@hacarus.com
(本件以外でも取材可能です。お気軽にお問い合わせください。)

ニュースレター購読Newsletter

登録はこちら